Sophie' NEWS LETTER


Warning: Use of undefined constant DESC - assumed 'DESC' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser/9/6/0015769/www.usuidental.com/wp/wp-content/themes/udc/archive.php on line 22

2009.12.18 UP

「大きくなったら」編

Sophie' NEWS LETTER思い返せば人生の岐路はあちこちにあったような気もするし、重要な岐路なんてあんまりなかったのかもなぁと相矛盾することが脳をよぎる。

長女が幼い時、大きくなったら「眠れる森の美女」になりたかった。
小さな女の子にはよくある話。
次女は最初、「雪だるま」になりたかった。次いで「コンクリートミキサー車」になりたかった(運転するひとじゃなく車本体だよっ)
そのうち「大工さん」になりたくなって、夢は「棟梁」に昇格し、どこで覚えたんだか「宮大工」になるっ!とまで言い出した。

さて白昼夢を楽しんでいた女子中高生たちはそろそろ現実が見えてきた模様。
「やりたいこと」「好きなこと」だけでは生きていけないことも理解している。
次女はあれだけ怪しいことを言っていたわりにすんなり将来の職業を決めた。
長女は怪しいことを言わなかった代わり(?)になかなか夢と現実の狭間から抜け出せない。
岐路に立った子どもがめいっぱい悩むのは見ていて楽しい。

理系VS文系という乱暴な括りでカリキュラムを選択させるのにはいささか抵抗があるが、決まりなので傍観。
完全文系な思考回路の私はなぜか理系の世界の端っこにぶら下がってる。
人間の能力なんてわからんものさ(^^)なんとかしようと思えばなんとかなるもんだ。
私は歯科医師になっていなかったら何になっていたのかしら?と子どもを眺めながら妄想するのもまた楽し。

「おじいちゃんは大きくなったら何になるの?」とかっわいい~笑顔で尋ねた長女。
私の親父は答えた。
「ん?大きくなったらかい?大きくなったらおじいちゃんは仏さんになりますよ」

あれから14年、長女は人生の岐路に立ち、親父は生き仏になっている。

2009.11.20 UP

「情けないっ!!」編

Sophie' NEWS LETTERもう情けないったらありゃしない。
大都会ならわかるが、交通の便がすごぉく悪い私のオフィスにもさまざまな国の患者さんがお見えになる。アジアの国々、南北USA、カナダにロシアにヨーロッパ。今まではイカサマ英語でなんとかクリアしてきたのだが・・・

今度はハンガリーの方。もちろん私はハンガリー語がまったくわからない。そんじゃ英語で。おまけにこの患者さんはフランス語も堪能。なんとかなるだろと思った私が甘かった。
虫歯の説明やら治療の説明やらを2カ国語のちゃんぽん。
英語で「これは虫歯ですので・・・」的な説明をしながら、「痛くないですか?」みたいなことはフランス語。「いすを倒しますね」やら「お口をゆすいでください」にいたっては日本語に。話しているうちに私が混線。文法は怪しいわ、単語は間違うわ。冷や汗が言語中枢を伝う。
患者さんの寛大なるお心遣いでなんとか話も通じ、治療が着々と進行中。

まだぺらぺら話せそうなもんだがフランス語は話すことがなくなって20年以上経過。もう無理だわぁ。日常会話くらいしかできなくなっている。英語はもともとできないので、これくらいでもセーフだろう。日本語と英語とフランス語に足をとられて四苦八苦する私を見たら両親の目が三角になるんだろうなぁ。言語切り替えスイッチはもう錆びているし、切り替えたところでそもそもの言語が錆びているから始末が悪い。でもねぇ~やっぱし情けないわ。

反省しきりの私は長女の英語の勉強に付き合ってみたり、次女の英語暗唱の本を一緒に諳んじる。(こういうことはまだできるのにな・・・)
フランス語や英語でモノゴトを考えてみたりもする。
焼け石に水だしもはや無駄な抵抗にしかすぎないのだが、それでもちょっとやり直そうかな~あ~情けないっ!

最近、この患者さんを診ているうちにだんだん勘を取り戻しつつあるのだが・・・
元祖バイリンガルも今じゃ面影もないわ。
やっぱし言語って使わなきゃだめね。(今更?)

2009.10.20 UP

「あ~ぁ」後編

Sophie' NEWS LETTER担任の先生からご丁寧にご報告のお電話をいただき、事態を把握して、晩御飯の支度と後片付け、お洗濯に翌日の準備完了したところで「あんた、母に報告しなきゃいけないことあるんじゃないの?」とヤキの始まり始まり~●~*

イマドキの子なのか、次女がこういう子なのか、なんせ2人しか育ててないから比較検討のしようもないが「わかんない」という単語が多い。
誘導するとなんとか答えが返ってくるのだが、ベースになっているモノがなかなか見えてこない。
目を凝らして耳を澄ましているのだがどうにも要領を得ない。
なんとなく輪郭は見えてきているのだけれど本当のことは次女のみぞ知る。

このまま逆らい続けて将来を棒に振るか、ルールはルールとして守って将来に備えるか。崖っぷちどころか片足がすでに落ちている認識を持たせるまでに延々と時間がかかる。
どんなことやらかしたんだ??って思うでしょ。隠れタバコとかいうレベルかと思うでしょ。
なんのことはない。(1)制服の第2ボタンをしめない。(2)パーマもかけていないし染めてもいないが髪をちゃんとしばらない。(3)スカートをひざ(パンツじゃないよ)が見えるほど折ってはいている。おまけに何度も何度も注意されても聞かない。あげくに今回は口ごたえ。
年末の反省文の前科もあるし、これで最高レベルの「指導」が入る。ルールを守らない子はいらない。お説ごもっとも。あたしもルールを守らないスタッフはいらない。

制服なんてどうでもいいけど、なんでそこに自己表現を持ってくるかな?
基本的な「守る」ができないってのはどこでどう育て間違えた???

さてどこに落とし所を設置して事態収拾を図るか。
また白髪が増えるなぁ~

「あ~ぁ」前編

Sophie' NEWS LETTER「はぁ↘」

お寝坊放置の刑に遭ったばかりの次女。ネタ化してやれやれと思いきや
まただよ~・・・
ちびすけ、反抗期もピークに差し掛かりやることなすこと元気いっぱい。
なのはいいのだが、どこで何を間違えたのか校則違反でまた捕獲。

元来キビシイ学校なのでヨソから見たら「ひぇ~そんなことで?!」ってレベルなんだけど、規則は規則。守るためにあるんであって、違反をするなら頭を使わなきゃいけない。それもギリギリの線でやめておくってのが定石。

頭が悪いのはもちろんだが、「私の世界♪」に入り込む次女はやらかし始めると周りが見えなくなる模様。じゃなっかたらなんでこの子ばっかり捕まるんだ??バカだ。あげくに今回はご注意を受けた時に口ごたえをしたらしく早速のお電話。

「指導」が入るそうだ。やれやれ。そんな電話が仕事している最中にはいるわけで、萎えそうになる。
仕事ばっかりしてて子ども跨いでるとまた思われるんだろうな・・・確かにデキるお母様のように私はできない。
ウチに向いた長女の反抗期。ソトに向く次女。
それぞれ個性なのでいいのだが、なんともやるせない。
どうしたもんか。あたしはどこに向かえばいいのだろう?

年末の盛大な違反事件以来できる範囲で絡んでいるんだけど、やりすぎると「ウザイ」わけで、ここが難しい。
放置したりいじったり目配りは欠かしてはない(つもり)
校則違反は「ウザイ」くらいどやしつけているがもはや馬の耳に念仏。
でも毎朝手荷物検査ってのも無理だし登校しちゃえば制服を着崩しても私にはわからん。24時間張り付けないしなぁ・・・

今日の放課後、みっちり「指導」される次女。
でもこいつ懲りないしな。「私の世界♪」を現実にすり合わせる能力はまだ備わっていない。
最近私の白髪が目立つようになったのは単に年齢のせいでもなさそうだ。

碓井家フェーズ5の「ヤキ」を入れる必要ありかもね。(怖いぞぉ)

2009.09.18 UP

「放置プレイ」後編

Sophie' NEWS LETTERさて、長女と彼氏くんはいつものように仲良く登校。私は蓄積している疲労を引きずって出勤。放置されすやすや眠っている眠り姫は何時にお目覚めになるのでしょうか???
夕方くらいには起きるんじゃね?くらいの予想。

ところが・・・予想に反して次女には「ヤバイ本能」はあるらしく、無人の家に殺気を感じたのか、ほどなくして起きたらしい。
泣きながら「寝坊したっ!!」って電話がきました。(泣くなよ!)
「知ってるし」とそっけない私。もちろん仕事はとっくに始まってるから長々と話せない。「支度して気をつけて行きなさいよ」で終了。
普段は母親なんかいらねぇくらいの反抗っぷりなのにこういうときはまだ「お母さぁ~ん」なのね~

無敵女子中学生、かわいいもんだわ。

無視して仕事してたらまた電話。「鼻血が止まんないぃぃ~」だそうです。
寝坊にびっくりして冷や汗とともに鼻血まで出すなんて忙しい子だ。
「汚れた制服を洗ってから行きなさいよ」と鬼の上書きな私。
すったもんだの結果、彼女は1時間目が半分くらい過ぎたあたりで合流できた模様。
これで懲りてくれるといいなぁと思いながら、こんなんで懲りるわけないしなぁとも思う。
次女の無敵っぷりはこの「懲りない」ところに源泉がある。
大好きな○○JUMPのコンサートに寝坊するくらいやらかさないとダメだろな。
あ~ぁ・・・今度の個人面談で言われるんだろうな「朝は起こしてあげてください」ってね。

寝坊なんて数年に1回やるかどうかの私。それもよっぽどの理由がないかぎり発生しない出来事。
典型的な夜型の次女の生活リズムが理解できない。私、夜はからっきしダメ。
「いい加減に起きなさい~っ!」という私の怒声はあと数年この家に響き渡るんだろうなぁ・・・(疲)

「放置プレイ」前編

Sophie' NEWS LETTER逆さまにして振ったって起きない次女。
赤ちゃんのときから寝起きの悪さは天下一品。
反抗期になりますますさえわたる。散々起こして自室から出てきたところに改めて「おはよう」と声をかければ「ん」しか言わない。軽くムカツク。
毎朝毎朝・・・プチやくざな次女。何様のつもりじゃ?ごらっ!
長女とタイプは違うがこいつはこいつで手に負えない(ほどでもないが)

ある朝、いつもに増して起こしても起こしても起きない(怒)
普段なら長女の彼氏が迎えに来る頃にはあきらめて起きてくるんだけどねぇ
出勤時間を遅らせてまで待って出際に声をかけたがダメ。朝からどやしつけるのも気分悪いし「起きなさいっ!時間だよっ!」の大声レベルでやめておく。
優しいお姉ちゃんは自分が登校する間際に武士の情けで声をかけたけど「だめだわぁ!ちびすけ起きないわ」との報告。

さて自他共に認める鬼な私はここで「放置」を決定。
青ざめるくらいの思いをせい!ってんで一緒に登校しているお友達に「ごめんねぇ」の電話をいれ、さらに学校に「起きないので放置します。遅刻しますが何時に到着するかわかりません」とこれまた鬼のような電話を入れたら「お母さん、たいへんですねぇ」と爆笑される始末。
次女の学校は交通の便がすこぶる悪い。自宅から歩けば軽い登山になる。
ざまぁみったんさい!だらしないことしてるから泣くめに遭うのよん。

社会人になってから「起きられないから遅刻」なんて言語道断。
もちろん中学生にもなってまだ自分で起きられないのも私的には論外。
起こしてもらってるのに起きないなんていうのは論外のその外。私はこういうことには意外とキビシイ。
社会人になるまでまだもうちょっと余裕がある次女。
今のうちに性根を入れ替えろっ!!だわ。

放置しながら実はそれでも心配している私。
あとでちょっと自宅をのぞきに行こうかな?(優しい鬼でしょ)

2009.08.20 UP

「成人識別システム」編

Sophie' NEWS LETTER近年、全国的にタスポに代表される「成人識別システム」っていうのが導入されましたね。
良いことだと思いますよ。お上のやることに文句は言いません。

先日、仕事の帰りにコンビニエンスストアに寄りました。
用を済ませて外に出ると、長女と彼氏くんが何やら楽しそうに騒いでいました。
お店から出てきた私を待ち構え「母!これ!これ!」とある自販機を示します。

ジュースとラーメン缶とタバコを同時に取り扱う「複合自販機」みたいな機械(それ自体もなんかすごい)の前に私を連行し、ある位置に私を立たせます。

なんとこの自販機には「カメラ」による成人識別システムがついていました。

カメラの前に立ち、ボタンを押すと「そのままお待ちください」の音声。
ややすると「顔が識別できません」と機械が言い出す。
彼氏くんが立つと「顔を識別しました」と。

この成人識別システム!!身長でジャッジかい!?

私はこの識別カメラに身長が足りない。彼氏くんは当然余裕でクリア。
制服の高校生が成人として「識別」されて、成人して四半世紀以上経過した私はダメって・・・・・・
なんのジョークじゃい?!
仕事の疲れも忘れて大爆笑。3人で盛り上がりながら帰路につきました。

でもね、自販機メーカーさんよ、詰めが甘いなぁ(^^;
ってか・・・凹む。マジで。

2009.07.17 UP

「看護の日」編

Sophie' NEWS LETTER医科の世界ではナイチンゲールの誕生日前後を看護週間にしているそうだ。
某大学病院の「看護の日」のイベントに次女の学校のコーラス部とオーケストラ部が参加し、病院のロビーで患者さんに歌と演奏を披露するとのこと。
仕事が終わる時間だしちょっと覗いて見るかぁと長女と連れ立って見物に。
ホールに入院患者さんが続々と集ってくる。松葉杖に車椅子、点滴中だったり、ベッドごとだったり。
付き添う看護師や医師、患者さんのご家族。あっという間に椅子が足りなくなるほどの人数が終結。
合唱から始まり、独唱ありオーケストラの演奏あり。
最後は手拍子と盛大な拍手をいただいて中高生たちも満面の笑み。幅広い年齢層を想定した選曲だったので短時間でもみんなが楽しめていたように見える。

音楽の力ってすごいなぁと改めて思う。もちろん唄っているわが子も見ていましたが、私の目は自然と患者さんへ。ホール内の患者さんたちは次第に身体が動きリズムを取り始める。2階のホールには小児病棟に入院している小さな子どもたち。マスクに点滴という痛ましい姿でも歌を聴きながら嬉しそうに跳ねているし、一緒に歌っている。障害と病気を合わせ持った男の子がうれしそうに声をあげる。どんより辛そうなおばあさんが顔を上げ、口ずさむ。帰るつもりだっただろう教授が足を止めて聴き入る。
看護師も医師も患者も家族もしばし辛い現実を離れて音楽を聴く。何に効くわけじゃないのだろうがみんなが嬉しそうだった。
病院スタッフが一瞬でも患者さんの前を向いた顔を見てまた頑張ろうって思ってくれたらいいなぁと思いながらのなぜか椅子の片付けを手伝って帰路。
やっぱ、私たちには患者さんの笑顔が一番の栄養だよ。

華やかに見られがちな我々の業界。見えないところのたゆまぬ努力や医療に直結しなさそうにみえる細かな気配り気遣いが大事なのよぉ~と語る私。
娘たち、将来の目標である職業の「診る」「看る」以外の一面を垣間見て、これを雑用ととるか医療の一環と捕らえるかで自分たちが大きく変わりえることを感じてくれたらいいね~

それにしても中高生、歌うまいわ!
私の頭から「ポ~ニョポニョ♪」が離れない。名曲リストに加えておく。

2009.06.19 UP

「桜咲く頃」編

Sophie' NEWS LETTER大掃除。私は年末にやらないことにした。忙しいし、疲れているし、ゴミ収集は休みだし、ちょっと買い物に行くったって雪で寒いし、窓は凍って開かないし(どんな家に住んでいるんだ??)
よってこの一般的年末大イベントはGWに持ち越されることとなった。
隣家のお庭にある桜の大木が満開になった頃、我が家はゴミの山に占拠される。
桜が咲き誇る中、ウチでは埃が乱舞する。
魔窟クイーンはもちろん次女。この子は論外。捨てられない&片付けられない、そこに散らかすが加わる。どんなに片付けても3日と持ちゃしない(怒)この子だけは毎回が「大掃除」誰のDNAだ???
ついで長女。だいぶ更生してきた。細かいことを言えばキリがないのでこのへんで勘弁しておく。

毎年出しては捨てられずにまた片付けるってモノありません?
もう絶対何の役にも立たないことは重々承知しているのだが。
私はわが子の保育園時代のお便り帳が捨てられない。2人×6年分。
これに母の日に書いた絵やら七夕の短冊やらが加わるとけっこうな量である。ベビー服やおもちゃは差し上げたし小学校時代のモノはだいぶセレクトされたのだが、写真とは一味違う保育園の記録は捨てられない。「今日、○○ちゃんはつかまり立ちをしましたよっ!」なんて記述がたまらなく懐かしい。
結局眺めてノスタルジーに浸りまた箱にしまう。
洋服やバッグ、時計、アクセサリーの類は掃除や衣替えのたびに所有権が娘たちに移行する。「いいモノ」を見分ける本能はさすがオンナ。
楽しいのはここまで。

現実は冷蔵庫の裏、洗濯機の裏、家具の裏と裏三昧なGW。
身体が小さいので「裏」には強いが「高い」にはめっぽう弱い。エアコンの上や窓拭きは軽く悲劇。リビングの天井にへばりついている照明は悲劇を通り越してもはや喜劇。テーブルに乗って背伸びしてもカバーを外せない。それでもなんとか外して電球を交換したところでカバーは戻せない。無理やり押し込んで一件落着させてしまった。なんかナナメなんだよな・・来年はやばいかも。

私より背が高くなった長女。来年から君を電球交換係に任命する。
いつか号令をかけるだけで済む大掃除になりますように。

「マジ、勘弁してよ」編

Sophie' NEWS LETTER韓国だ、東京だと地に足の着かないイベントが終わって、娘たちも新しい学年をそれぞれに楽しんでいる。私は相変わらずの毎日。

さて今月は長女の彼氏のお誕生日。花の17歳(羨)
学校帰りにケーキを買いに行くと長女。「はいはい気をつけてね」とここまでは当たり前。
学校に到着した長女から「財布にお金入れてくるの忘れた!!どうしよう!!」とメール。
どうしよう!!ってあんた・・・それって結局私が買いに行くってことよね?

激混みの駅前に運転して行って駐車場で右往左往するのはまっぴらごめん。
おまけに先週人生2回目の「駐車違反」でお縄になったばっかり。
入学のお祝いを買いに行ってえらく高くついた「お祝い」になった苦い経験。
ン万円もするケーキになっちゃたまらんのでタクシーで出向き、無事にお目当てのケーキをゲット。

大事に抱え、帰路もタクシー。お天気は最高(寒いけど)
とある信号が赤で停車。左舷には懐かしいお餅屋さん。「そういえば乳母車にのせて散歩に来たっけなぁ」なんてのんきな気分でいたら
ぐぁっしゃん!!!!
はっと我に返るとこのタクシーは前方の車に追突。マジかよ?!信号待ちじゃろ??
幸いスピードは出ていなかったので突っ込んだだけ。ぼんやりしてブレーキから足を離した??

「申し訳ありません」の謝罪も前置きもなく「お客さん、ここで降りてください。1290円です」ってあんた!ここから歩けってかい!?
後方のタクシーを止めてもらいお金を払って乗り換え。事故ったタクシーから降りる際、降りきってないのにドアを閉められ右肩に打撃。
ケーキは死守したがいちごが1つ事故ってた。
まじ、勘弁してよね。
笑い話で終われるからいいけど・・・
気をつけましょう。

春うらら まどろみたるは 事故のもと

2009.05.20 UP

「再会、その後」編

Sophie' NEWS LETTER会うことがなくなって20年以上経った先輩や同期や後輩。
みんな原形をとどめているあたりがさすが体育会。
タイムマシンって本当にあるんだなぁとSFチックなノスタルジーに浸りながら、結局、朝まで呑んで喋ってという現役さながらの一夜。

懐かしいエールと共に1次会がはね、2次会を2つ掛け持ちし、当然3次会へ。最後は明け方にラーメン屋さんを占拠するという体力。翌日はテニスコートに集合!明らかにまだ酔っ払ってるみんな(私も)それでも着替えてテニスをするなんざ正気の沙汰じゃない!というのは一般的な考えで、我々テニス部はそうはいかない。汗だくになりながら試合をする後輩にやんやの野次を飛ばしながら豪快に笑う。

飛行機の時間ぎりぎりまで騒いで帰路。飛行機の中で寝ようと思いきや後ろの座席に赤ちゃん(^^;眠れるはずもなく千歳空港に着陸。そこから運転して我が家へ。娘たちにお土産渡して、家事をしながら豪雨のような土産話を降らせ、晩御飯を食べたらさすがの私も電池切れ。

私ってまだまだ若いわぁといい気になっていたら回復になんと2日もかかった!
もう年なんだなと改めて痛感。

一夜でも現実を離れ、古き良き時代に戻れて自分の宝モノを見ることができた私。
この先もなんとなく頑張れるような気がする。
だってね、あれだけの練習をこなし、干からびるまで試合し、たまに勉強して気の遠くなるような実習をしていたあの頃。
今の「キツイわぁ~」はあの頃に比べりゃ屁でもない。
あの頃は輝く目標があった。
今はそんなもんないけどね。
目標に向かってがむしゃらに頑張れた歴史が私の宝モノなんだろう。
資産価値はないがりっぱな宝モノ。娘たちもこういう宝モノを手に入れることができますように。

さ、今日も頑張ろっ!

「大冒険 in Korea」編

Sophie' NEWS LETTER行ってきました!怒涛の2泊3日。とっても楽しかったです。
韓国料理に初挑戦。顔を真っ赤にしながら涙目になりながら食べました。
予想通りものすごぉ~く辛かったけど、どれもとっても美味しかったです。
娘たちも「辛っ!」「おいしい!」とチャレンジしていました。

言葉と文字がまったくわからないくせにあちこち徘徊し、方向音痴なくせにちゃんと行きたいところに行け、戻って来られるのは野生の勘??

一緒に行った友人には日本語のメニューが渡されるのに私には中国語のメニューが渡されるハプニングもありました。確かに漢字には違いない(苦笑)
先輩は到着後1時間で現地の人と「トモダチ」になり(驚)女子中高生たちは「かわいい!」とお世辞を連発されすっかりテンションが上がり、男子小中生はお気に入りのフィギュアをゲットし笑顔でポーターに早変わり。
親子共々充実した旅でした。

ちょっとした広場で韓流俳優並みの涼しげな青年に話しかけられ、話題はWBC。
選手のフルネームや日韓戦の日本での視聴率も知っていたし、翌試合の先発投手も知ってる!!私はまったく知らない・・・
日本語を勉強しているとのこと。おそらく学んだ日本語を試しているのでしょう。大変流暢に話せるので何年勉強しているのか尋ねると「1年」と!
大学生だそうで、1年でこんなに話せるのはどれだけ必死に勉強したのでしょうか。それを日本人に話しかけることで試すという頑張りと勇気に脱帽でした。
すごいガッツですねぇ。見習わなきゃ・・・

美味しいものをいただき、お買い物を楽しみ、文化を垣間見、子ども達の笑顔を見ることができ、受験が落ち着いたらまたどこかに行こうね!ということになりました。
最終日の夜、メンズ中学生を「議長」に〆。

数々のハプニングもお土産にして帰国。
史上最強の3家族。この友情がいつまでも続きますように。

Next >