Sophie' NEWS LETTER

2010.12.20 UP

「早いね~」編

Sophie' NEWS LETTER2010年も終わりに近づき、朝晩は冷え込み、日照時間は短くなり私は冬篭りの準備(1年経つの早すぎっ!)
春はいつまでも寒かったし夏はとにかく暑かった。北海道ですか??ここ!?ってくらい蒸し暑かったね。耐熱性能の悪い私はどうなるかと思ったけどバテることなくクリア。
で、いきなり気温は急降下して初雪からドカ雪!!タイヤ交換が間に合わず右往左往。冬だけは音速でやって来るのかい?気温の乱高下にもう身体がついていかない・・・

今年も盛りだくさんだったし、これからもいろいろ待ち構えてる。
開業して無事に10年経ってクリニックをちょびっと直した。
偶然ゴルフを始めて魔界に足を踏み入れた。
軽く病気もしたけどこれはクリア。
高校の同窓会があって30年ぶりに顔を出したらみんな変わってなくてなぜかホッとした^^
受験生の長女にちょっとだけ気を遣い、反抗期ピーク(いつまでピークじゃい?!)の次女に肝を冷やしながら、いつも通り忙しい1年。

今年から来年にかけて、つまり学生さん的冬休みに次女はニュージーランドに行く。ホームステイしながら語学研修だとさ。
いいねぇ~青春だねぇ~(羨)楽しんでこぉ~い^^
同時期、長女はセンター試験の悪夢にうなされてるんだろうな(哀)

夢に向かう姿って見ていてステキ。
私は夢を見るには年をとりすぎたけどこの子たちをみていると何かに向かうって良いなと改めて思った今年。

「1年」 という時間。
毎日がF1みたいに過ぎていくけど充実した日々が送れている私は今年も幸せでした^^

良いお年を。

「働くということ」編

Sophie' NEWS LETTER今年の締めくくりofficial eventは「中学校インターシップ事業における中学生の職場体験実習に協力」しましょってやつ。
中学生に職業体験させてあげて就労とはなんぞやを考える機会にするそうだ。いいことじゃない^^
当院では将来の職業は医療職にしようかなぁ~な女子2名をお預かり。子どもなのにけっこうしっかりしてるんだわ、これが。ひょっとすると我が家の女子高生よりしっかりしてるかもよ・・・(焦)

働かざるもの食うべからず。って言ったらうぜ~って声が聞こえてきそうだけど、とにかく仕事に就いて働かなきゃ食えないのよね。
ありのままの自分だとか個性だとか、メシの種にもならんことを言っちゃう最近のワカモノ。甘いわぁ~仕事中にありのままの自分でいられるわけないじゃん。そもそもなんでそんな必要があるの?コミュニティの中でまんまちゃんではいられないってことは向こうが透けて見えそうな半紙より薄っぺらい友情で十分訓練できてるんじゃないの?何のために学校に行ったの??とはてなマークが孔雀の尻尾のように広がる。

その仕事において自分らしさや個性は発揮できるかもしれないけど、順序が違うのよね。就いた仕事に自分をすり合わせ、そこから自分らしさとか個性を発揮するんでしょ。1を言われたら3にトライし、3が10になり、そのうち言われなくても自分でサクサクやれるようになる。個性だなんだって考えるのは後でいいんじゃないの?この仕事、天職だわぁ~って最初から思える人も多くないはず。とりあえずやるしかないじゃんか。ネタみたいな社員話が多いからこういう企画が生まれたのかしら?

中学生、それも2年生に将来のことを決めろってのは乱暴な話だとは思うけど考えることは大事。
将来こと妄想でもしなきゃ今の関数や証明問題は乗り越えられないしょ。
中学生たちよ、キミたちが今苦戦している数学も古文も漢文もオトナになったらほとんどの場合なんの役にも立ちません。
でもオトナの必須条件である自分で乗り越える力をつける練習なのですよ。

Do your best

2010.11.19 UP

「ちょっと手直し」編

忙しい日は千手観音になったみたいで死にそうだし、暇な日は猫に手を貸してあげても良いくらいで死にそう。
万遍なく忙しいのが理想なんだけどね・・・なかなか(苦笑)

クリニックのリニューアルなんてずぇ~ったいしないと思っていたけれど、
「足りない」がちょこちょこと増えてしまって決心。(やたらと一念発起が多い年だな・・・)
ま、リニューアルなんて立派な規模じゃなくて正確にはちょっと手直しのレベル。どこで診療を休むかという基本的な難問のクリアに始まり、結果、雪が降る前にやってしまおう!ということになった。(降ったけど・・・)
思わぬところで長めの秋休み♪
Sophie' NEWS LETTER溢れかえるカルテや書類を移動して工事開始のゴング。
ちょっと手直しな割りには建具を外してみると足の踏み場がない^^;
開業の工事を思い出すわ。ドキドキしたなぁ~(遠い目)と回想しながら改めてドキドキ。
10年前、大工さんに混じっておもちゃのドカヘル被って(持ってるんかい?!)耳に赤鉛筆を挟んで(なんで赤鉛筆?)縫ってあげた鳶ズボン(縫うかい?!)をはいて、腰に本物の大工道具入れを巻いて、廃材いじってキャッキャ♪と喜んでいた次女は今や見向きもしない(当たり前かぁ・・・寂)
放課後、娘たちに占拠される院長室の拡張は叶わなかったのでもうしばらくの間イス取りゲーム継続の予定。もう少し、この子達と邪魔ぁ~どけてぇ~を楽しむわ。

女性しかいない職場なので普段からきれいだけど、工事が終わってきれいになったらなんだか気持ちが引き締まるねぇ。って言ってる場合じゃない!
工事最終日。明日からまた頑張るぞという余裕もなくせっせと片付け。間に合うのか??
キャベツより重いものは持ったこと無いフリしてる私はこう見えて実は決して非力じゃないが・・・紙って意外と重いのね・・・
膨大な量の紙類をやっつけてグロッキー^^;

   腰痛ぃ・・・・・・

「ゴルフ総集編」

Sophie' NEWS LETTER魔界に足を踏み入れ、我ながら真面目にレッスンに通いなんとなぁ~くカタチになってきた模様。アイアンが心の支え昇格し、ひたすらウッドの練習な最近。
こう見えても黙々と練習すること嫌いじゃないのよ、むしろ好き♪ 

で、2度目のラウンドが決定!!Debutはどっひゃー!な感じだけでやったことないからあまり緊張しなかったが、2度目とくりゃそうはいかない。部活時代の1回戦前の緊張感が甦るわ。アドレナリンを大放出するこういう緊張感が今でも好きだなぁ。

さて今度のコースはなにやらたいそう難しい名門コースらしい。
尤も、易しいVS難しいの見分けもつかないんだからどぉってことはない(←そういうやつはまだ行っちゃダメだろ!)グリーンが早いとか風が強いとか要するに初心者には手ごわいということなので、んじゃ楽しもうと当日。

次女に楽しみなイベントがなかったらしく雨の予報も結局快晴無風。
コースの難しさはわからんが楽しかった。初OBをやらかし、池の鯉にボールをお見舞いし、砂から砂へ渡り歩き、散々練習したはずのウッドを諦め、アイアンで前進。途中で足し算わからなくなって青ざめながらも寄せて沈めてなんとか前回よりほんの少しだけ少なく上がれたけど、すごろく感はまだまだ続きそうだ。

禁煙はくじけそうになるがゴルフのおかげでお酒は飲むだけで浴びなくなった。
スクールの先輩夫婦にお誘いいただいたラウンドも次女テスト前にてテンション低く快晴。猫みたいに砂とジャレながらもpersonal best更新。5回目のラウンドは残念ながらPB更新ならず(泣)だったけど先生と周った最終ラウンド(雨で寒!)は最高のデキでもちろんPB。
今年中に100をキルって目標は2打オーバーで達成できなかったけど内容に自己満足。
調子の悪い日は私って運動神経ないんじゃね?くらい凹むし、言われていることはわかるのに身体がそれを再現できないときはもっと凹むけどそれはそれで克服したときにきっともっと楽しいんだろうなぁ~とどこまでもポジティブな私。何かができるようになると何かが崩れるってたまらんねぇ~(泣)

忙しいくせにそれでも遊ぼうってんだから多忙の上書きな毎日なんだけど健康的だわぁ~
私はこれでシーズンオフ。
遠い昔、大学の駐車場の壁を相手に黙々とラケットを振った頃を思い出しながらまた黙々と練習するわん^^

2010.10.20 UP

「1ヶ月経過」編

Sophie' NEWS LETTERアホなことを思いついてなんだかんだで1ヶ月。煙草吸わなくても大丈夫にまでレベルを上げた。もちろん吸いたい。
賭けをしているわけじゃないのでここで負けたからって何のぺナルティもないのだが、なんとなく我慢できてる。
私が禁煙できるとはねぇ~我ながら意外と根性残ってたじゃん。
前にも書いたように食べることにあまり興味がないので禁煙したら食事がおいしくなる云々はわからない。お酒を酔うまで飲まなくなった。私のことだから酔ったら誘惑に勝負を挑まないだろうからね^^

今は垂直的にかかるストレスを発散する方法がみつからなくて四苦八苦してる。
だらだらかかるストレスは家事やスポーツで発散できるが、イラッとした瞬間はどうしてよいかわからない。
タイムアウトを煙草を吸うという行為で実践していたのでこれが厄介。なんかいい方法ないかなぁ~^^;

もうひとつ禁煙して初めて知ったびっくりな現実。
先日仕事がきつすぎて珍しく夕飯作りをギブアップした私は娘らをファミレスに誘った。調子こいて「禁煙席」を選択したまでは良かったが、動物園か??ってくらいガキが走り回り喚き散らす。サル山の餌の時間みたいだ。
面食らった私たちは落ち着いて食事はもとより話すらできない。
娘らは喫煙する両親に育てられたもんだからたまに外食しても当然喫煙席。
ガキのいない静かな環境でしか外食をしたことが無い。幼い頃から食事中に席を立ったり騒いだりしたことは1度も無いし、私がさせるわけもない。そもそも食事中に騒ぐとか走るとかプログラムが存在すること自体信じられない。ご飯は静かに楽しく食べるもんだと思ってたがどうやらファミレスの禁煙席は別世界らしい。

禁煙っていいことばかりなんだろうけど禁煙席はお断りだわ~
せっかく(?)支度と後片付けギブアップして娘らとお喋りできると思ったのに・・・ひとつ学習したわ。
受動喫煙と動物園。まさか害を比べることになるとは思わなかった。

to be continued

「いよいよ」編

Sophie' NEWS LETTER減煙期間は「どーしても辛かったら吸ってもいーよ」的な時期だったけどそろそろ煙草とは本格的に縁切りだね。
さて今夜は会議で、明日はゴルフと打ち上げ、明後日は外出と多忙な私。
煙草吸いたい条件揃い踏みだ^^

でもね、一昨日のCFのおかげで、あれだけ下剤飲んで食事制限して日頃の疲れも手伝ってげっそり感満開で煙草なんか見たくもない。は言い過ぎだけど確かに煙草いらない。ちょっと吸いたいなとは思うけど押さえ込める程度。
体力・気力が回復したらまたイライラするのかな???
普段は自分を追い込むつもりでたいていのことは「有言実行型」の私。
今回の禁煙は誰にも話してない→それだけ自信がない。

仲良しに「ボク、煙草やめようと思うんだ」と唐突に切り出され思わず青ざめた。「へぇ~自力で止めるの??」と訊くと「もちろん!薬になんか頼るかよ!」とさ。ますます「実は・・」って言えなくなった(^^;
ボクが止めたらキミも止めてみたら?に対して「まぁね・・あたしはたぶん無理ぃ」と小ざかしい保険をかけちまった。あたしって最低~

ガキの頃、煙草の似合うハリウッド女優を見て、煙草=オトナの女って感じで憧れて吸い始めた。
映画のような人生ではないがオトナになったし、煙草もずぅーっとお星さま7つの硬派。
たぶん煙草は相当似合うだろう。

なのに!
もともと不信心な私には願掛けすることもないし、
パートナーの健康を気遣って禁煙しますぅ なんて優等生的な動機でもないのに入ってしまった禁煙スイッチ。

誤作動じゃないことを祈るわ(まだ他人事みたいだ)

to be continued

「先へ、輝くほうへ」編

Sophie' NEWS LETTER無敵女子高生の長女。とうとう最終学年となりもちろん受験生。無敵っぷりは今なお健在でスポーツも遊びもおろそかにしない(←大丈夫か?)

そのまんま上がりゃ黙っていても「ジョシダイセイ」になれる環境にいるが、ジョシダイセイになるのが人生の目的ではない長女は自身の決めた目標の何歩目になるかもう忘れたが確実に外の世界に向けて歩いている。
夫と私は「共通一次試験」が始まったばっかり世代(古)なので推薦入学VS一般入試しか知らない。もちろん今の受験のカラクリはまったく理解できない。
江戸VS明治くらい生まれ育った時代世相が違う私たち親子のギャップ。
勉強を教えるなんてことはとっくの昔にギブアップしたから私たちの仕事は専ら見守る、話し相手になる、夢の輪郭を見せることとなる。

第2次文明開化ってのが平成だろうね。
医・科学技術はまさに矢のようなスピードで進歩を続けている。
いつでも地球上の誰かと繋がっていて国境も時差すらも感じない。
眺めるだけの星空に足が着き、そこから40年くらいで宇宙に手が届いた。ダークマターを発見するのも時間の問題かもよ。ヒトゲノムが解読されて生命の謎が解け始めている。臓器移植や再生医療が可能になり死生観が大きく変わった。人類の夢は平成になって目標になった。

一方、もうやぁだぁ~って国政を投げ出す坊やにデキもしないことを僕デキるもん!って言っちゃうお坊ちゃま。お上のやることは無条件で正しかった時代はとっくに過ぎ去り、お上のやることだからダメなんじゃん!って時代に突入。
怠慢な官僚に無能な役人、無能なくせに生意気な木っ端役人(←これは昔から同じだ)禿げた頭頂部を恥ずかし気も無くカメラの前に晒すオヤジら。
相変わらず殺しあう人間に餓えた子どもたち(←これも人間の伝統か??)
めっちゃくちゃな最近。今のワカモノに明るい未来があるかどうか甚だ怪しいもんだが・・・いつの時代もカオスの中で自分の道を探すのは容易ではない。それでもアイデンティティーを持って生きていけ。自分で選んでやっていることは苦労ではないと信じて輝くほうへ行きなさい。

あと100日くらいでセンター試験ね。もちろん頑張っているとは思うけど、改めてみんな頑張れ!!
そこを越えて先へ。もっと先へ。夢のシッポはすぐそこにあるでしょう。
夢はそのシッポを掴んだ瞬間に目標に変わる。掴んだその手を離すな!

あたし本当に受験終わってて良かった。

無理!あんな勉強ずぇ~ったい無理。
今のコってすごいですよ。

2010.09.17 UP

「禁煙助走」編

Sophie' NEWS LETTERとりあえずイキナリ絶対禁煙ってのは心身に悪いし(ほんとか?)私がかわいそうだから(逃げ腰)減煙からっちゅうことでせっせと仕事と家事をこなし、気を紛らわそうと普段よりせっせとやるわけで、こりゃ家族が喜ぶまではいかないにしても良いことだろう。
まぁ、まだ準備運動ですらないからこんなのんきな事言ってられるんだろうな。

で、実際にやってみると巷で言うほど楽じゃない。確固たる動機もないくせにいったん習慣になってしまったもの、それも20年以上の習慣を意識して止めるというのはなかなかしんどい。
私的には句読点の無い文章をだらだら読んでいるような感じ。
長女に言わせりゃ「お母さんが勝手につけた句読点でしょー!」とのこと。
ごもっともだわ^^;

でんと構えて紫煙を眺めながら考えるよりせこせこ動く。早い話が落ちつかない。本当の難関はこれからなんだろうけどね~^^;
あたし、大丈夫なんだろうか???

もともと食べる事にはあまり興味がないからメシが旨い!ってのはモチベーションの維持にはならない。むしろお酒が楽しくなくなったわぁ~飲んだら吸いたくなるしねぇ・・・最悪。

禁煙、聞いてわかるとやってできるは大違い。

大っ嫌いなガムを噛みながらPCに向かいていらいらする私。
絵にならないわぁ

to be continued

「禁煙しようかな」編

Sophie' NEWS LETTER小さい声で暴露しちゃうけど私は煙草を吸う。
最近肩身が狭いのなんの。まるで罪人扱いよね。
公共のルールは守るし、自宅じゃキッチンの換気扇にアタマ突っ込んで吸うんだけど「受動喫煙」があーだこーだと娘らまでも生意気な口をきく。
挙句にこの職業でしょ^^;
いつのまにか「医」がつくくせに煙草を吸うフトドキモノにまで昇格している。

いかんよなぁとはわかっちゃいるがJTが日本専売公社だった頃からだから人生の半分以上吸っているわけで・・・
そもそも禁煙なんて考えたこともないし、煙草止めたら太るって聞くし、今更やめたってリスク値も変わらんだろうし、今のストレスに吸えないストレスまで加勢したら私、壊れちゃうっ!
毎度の値上げも勝手にやれよ、それでも吸う私は国庫にたいぶ貢献しているだろうとどこまでも無駄に強気。

禁煙の重要性はもちろん理解しているし、やめるべきだとよ~っくわかっているが鳩○さんみたいにできもしないことを絶対にできるもん!って私は言わない(自慢すな!)

で、今のところこれといった禁煙理由はないんだけど、何かのスイッチが入った私。なんでだ???

思い立ったが吉日。もとよりこういう類の難行苦行を遂行する「根性」はまったく持ち合わせていないので退路を断つために即、行動開始。

決めたことは実行する私、ふだんはあまり軸がぶれることはないのだが、こればっかりは自信皆無。

くわえ煙草でPCに向かう姿。
このスタイル、変えられるかなぁ~(-。-)y-゜゜゜

to be continued

2010.08.20 UP

「Debut」編

Sophie' NEWS LETTER7月末。
恐ろしいことにコースデビューしてしまった。
まだ無理!ずぇ~ったいに無理!ドライバー全然使えないし!と抵抗してみたがもちろんあえなく却下。
「僕が引きずって回るよ」と先生に言われ、引きずられるならせめても減量ぐらいはしておくかなと的外れな思考に逃げ込んだ。
とりあえず今できることをと、黙々と練習。
もうひとつできること。カーナビ買いました^^;悪性の方向音痴なもんで・・・

打ちっぱなしでは習えないマナーやらルールやらを教えていただきながら、池にきっちりボールを放り込み、砂まみれになり、指折り足し算しながら煩悩の数よりちょっと多い数を打ち、文字通り右往左往しながらそれでも上がれた(すごろくか??)楽しむ余裕はなかったけど、楽しかったですよ。

私、自分で思っているより体力が残っていたみたい。運動をしなくなってずいぶん経つし、不摂生のお手本みたいな生活習慣。最近はちょっと気を使うようにはなったが・・・
ラウンド中ずっと走っていたけど息もあがらず意外と平気ってか余裕すらあり。
帰りの運転中にちょっと筋肉痛かもなぁって思ったくらい。
翌日、仕事でぐったり疲れて本当はそれどころじゃない友人を強制連行してショートコースへ。さすがに膝にキテました^^;走りすぎか??

この年齢になって今更何かが上手になることって無いに近い。
仕事はより正確に、よりスピーディになるが「あたし、上手になったわぃ」って実感することは無い。25年もやってりゃ当たり前よね。
上を目指すエネルギーはいつのまにか現状維持のためのものにカタチを変えた。

新人のときのような「ちょっとぉぉぉ!あたし、できる子じゃん!」って実はこの年になっても案外嬉しい。

ビギナーズラックだった今回。次はもうちょっと余裕もって走れたらいいなぁ(結局走るのか?!)

「雨オンナ」編

Sophie' NEWS LETTERなにかとお騒がせな次女。この子は類稀なる「雨オンナ」

小学生時代からこの子の大事な行事はことごとく雨。
宿泊研修や修学旅行、最後の運動会はもちろん、卒業式なんかPTA会長のお話が聞こえないくらいの雹が降ったし☠
中学生になっても自分が楽しみにしている行事は軒並みひどいことになる。
大好きなユニットのコンサートも4月だっていうのに大雪にみまわれ、本人は当然風邪をひく。
看護の日のイベントも2年連続雨。おまけに寒い!!
中学の卒業式は中高一貫なのでたいして楽しみでもなかったらしく晴天なり。

高校生になると「楽しみな行事」なんてなくなるもんだと思っていたが、本人は楽しみにしていたらしくお約束通り「炊事遠足」は大嵐にて中止。(高校生にもなって「炊事遠足」ってそもそもどうよ???)

さてこの炊事遠足が中止となると当然食材は余るわけだ。彼女のグループは「焼き鳥」の予定。前日1人でせっせと鶏肉を解体し串に刺していたのは知っている。
しめしめ、今夜の夕食は楽できるわい。
次女のこしらえた鶏肉を使って親子丼でもしてやろうとお伺いをたてると・・・「使ったらダメ!今夜焼いて明日持って行ってみんなでお昼に食べるの!」ってさ。
串に刺した肉をばらして焼いてまた串に刺すという作業を繰り返していた。
もちろん私は手伝いませんよ。
後片付けもしっかりやってねん♪と言い残して次のビールへ。

翌日、昼食にみんなで食べたそうだ。女子高生、めげることを知らない。
冷えた焼き鳥って旨いわけはないがみんなで食べると美味しいんだろう。
そういえばあの頃、何をやっても楽しかったもんね。
青い時代が懐かしいわぁ~戻りたいとは露ほども思わないが。

ちなみに私は台風をどかすほどの晴オンナ♪だけどこの子には負ける。

「10歳」編

Sophie' NEWS LETTER私の年齢じゃないですよ。もちろん。
開業して10年経ちました。これもひとえに支えてくださったみなさまのおかげ、電脳空間で申し訳ないけれど、みなさまに深く感謝。

月並みだけど、あっという間でしたわ。気付いたら10年って感じです。

10年の時間を表す方法はいくらでもあるけれど、開業した時、保育園児だった次女が今や無敵女子高生です。これがいちばん恐ろしい感出てるんじゃないかしら?

10年目だしちょっと病院の中を片付けようかと思い立ち、やってみたら意外と要らないモノってあるのね^^;
片付け上手を自慢とする私でさえ「いつの間に・・・」と唖然。

片付け上手とは隠し上手に似てて壊れたモノまで倉庫にきちんと片付けてる私。

棄てましょってんで掃除を開始したら撤廃処分にした待合室のテレビに脳死したPC、心停止した掃除機。胴体のない仮面ライダー、首のないなんとかレンジャー、前輪のないオートバイにハッチの開かない救急車。苦笑いしながら倉庫を前進すると次女が保育園児のときに作った作品が・・・出てきた七夕の短冊は「とうりょう(棟梁)になりたい」とさ。ある意味恐るべし保育園児だったのね^^;

ゴミ袋を買いに走り、大型ゴミは所定の手続きをして倉庫はきれいになり、これも歴史かぁとガラにもなく感慨にふけってみた。
順風満帆な船出ではなかったがなんとか嵐にも遭わず沈没もしないで航海を続けている。船のサイズは変わらないが積んだ責任は年々重くなっているような・・・
幸い、やる気と元気はまだある(どっかの議員みたいだな^^;)
いつかゆっくり自分のまわりの景色を眺めるくらいになれますように^^と祈りながらまたせっせと漕ぐとしよう。

って・・こらっ!次女!いらないモノを病院の倉庫に「入れておいて~」ってそこらに放置するのはもう止めてくれ!!!

Next >