Sophie’ NEWS LETTER

HOME > Sophie’ NEWS LETTER

2018.04.20 UP

「春いろいろ」編

Sophie' NEWS LETTER春到来 やっとな

いろんな花が咲いて 鳥も虫も(虫は嫌いだけど)元気に飛び回って 顔あげて歩けて
日の出が早くなって日が長くなって 嬉しいことだらけの春

私は春が一番好き 

子どもが大学に合格した~とか国家試験に合格した~とか嬉しい便りが届いてうれしさ倍増♪

でもね 春は好きなんだけど 診療報酬改定ってやつは・・・・大改定があるたびに脳内カオス 月末の紙仕事と重なって机上もカオス 財布は氷河期forever

お上の決めることだから何も文句は言わないけどもちょっとわかりやすく説明してくださらねぇかな?偉いお役人さまは完璧にわかってらっしゃるが私らは会場で渡される分厚い資料が初見 んで聞くのも初耳 おまけに早口の役所の堅~い日本語じゃん

わかるわけねぇ・・・ 

ん?結局 何をどうしていつまでに申請すんの??の連続 

施設基準をクリアして あちこちの講習に出て勉強して書類揃えてお上に提出

どんどこハードルあげて経済的についてこれる診療所は面倒みるけどそうじゃないとこは知~らない♪って感じ💀 はぁ・・・・↷ 

ため息つくと幸せが逃げていくっていうから肩を落とすくらいにしておいてとりあえずついていけるように頑張らないとな

私の麗しい肋骨たちは順調に回復中 身体を捻転させられないのでゴルフはまったくできる状態じゃないけど日常生活は寝返り以外けっこうイケる 

春になると花が咲いて鳥が飛んで 肋骨も治る 良いことだけ考えようっと(笑)

2018.03.20 UP

「2・24事件」編

Sophie' NEWS LETTER今年は雪が少ない札幌 どんなに寒くても雪がないほうがいい
だってね 札幌って除排雪 最悪でしょ(笑)
除排雪する予算はないのに遠くの山から雪をわざわざ持ってきて雪祭りやっちゃう金はあるんだから意味わかんねぇ
なんてさ 憎まれ口たたいてたらバチ当たったよね
2・26事件ならぬ 2・24事件

そう土曜日の明け方 いつものように家のことして ねこ草に水をやろうとしたまでは覚えている・・・その後 何がどのようになってニュートンの法則に我が身をゆだねることになった記憶はないんだが 見事に室内転倒しましてね
とっさの受け身もむなしく着地点が家具の角というさらなる悲劇よ
もちろん家具はプロレスの場外乱闘に使った?ってダメージ
ねこは驚いて逃げ出し爪を痛め 私はしばらく呼吸もできず 立ち上がるなんてハイジのクララより無理!ってありさま
肋骨逝ったかもな~でも背中だし大丈夫かもな~って脳内ぐるぐる
経験したことのない痛みをぐっとこらえて立ち上がり「立ったわ!クララが立ったわ!」くらい セルフ感動して しれっと仕事して終業間際の整形外科に飛び込んださ
レントゲン写真を前に担当医 満面の笑みで「2カ所 骨折ですね 全治1ヶ月くらいかな~」

ち~ん (でもゴルフシーズンには間に合うよね)

痛いね~何してもしなくても痛いね~これ
治療法がないので痛み止めをおやつのように摂取して耐えるしかない

「何もしない休日」と「何もできない休日」の違いを思い知った56歳の冬(笑)

2018.02.20 UP

「ありがとう」編

Sophie' NEWS LETTER今年は雪が少ない札幌

雪の量に関係なく札幌市の除雪のクオリテイは最悪なんで例年と変わらない雪かき もはやブルトーザーとの戦いと言ってもいい

患者さん用の駐車場入り口にたっぷりの置き土産な!もうちょっと先まで押してくれないかねぇ・・・と思っても言ってもしょうがないので運動不足の解消じゃいと負け惜しみを言いながらせっせと雪かきする朝 もうこれルーティン

ある朝 いつものように汗だくになってブルの置き土産と格闘していたら後ろから元気な「おはようございます!」

振り返ると取引先の技工士さん

「先生!これ全部ですか?大変ですね」って差し出したのは温かいコーヒー

徹夜仕事して自宅に戻ってシャワー浴びてまた仕事に行く途中 って朝3時

自分のために買ったんだろうコーヒーを差し出しながら「仕事に戻る途中でふと見たら先生いるっしょ!びっくりしましたわ~」って(こっちもびっくりだよ)

お互い頑張ろうねって見送って いただいたコーヒー飲んだよ

うれしいな~あったかいな~おいしいな~

ブルの置き土産はなんのありがたみもないがこういうハプニングは元気がでるね

よっしゃーーーってまたスコップを持つ手に力入るわ

手足も耳も鼻ももげそうなほど寒い朝 ココロは温かくなりました

ありがとう(^^)

2018.01.20 UP

「明けましておめでとうございます」編

Sophie' NEWS LETTERあっという間に年が明け 何してたんだか正月休暇も終わり

また日常に戻って参りました 皆さん明けましておめでとうございます。

ビール三昧な正月があけると あれがやってくる。 

そう毎年恒例 真冬の人間ドック

若い頃は何一つ気にもせず 気をつけもせず 身体に悪いことはほぼやり尽くし気づけばそろそろ還暦が見えてきたこの頃

なんも変えてないのにさ なんだかいろんな数値が悪くなるわけで

そう この「なんも変えてない」が悪いのよね(笑)

私にとってテレビは時計代わり程度の物体で 何が流れていようがろくに観ないのに 最近「中性脂肪」だの「悪玉コレステロール」だのいやに耳に入ってくるのよね~

CMってうまくできてるよね なにか心配なことがあるとそのワードがひょいと脳内に飛び込んでくる(笑)老眼進んだな~と思えば 目に効くサプリメントのCM 雪かきしすぎて腰が痛ぇなと思えば湿布のCM

ってなわけで まんまと引っかかって差し上げましょうと青汁に手を出してみた・・・

もちろん 撃沈

CMのためとはいえ これをおいしそうに飲み干す俳優女優のプロ根性をみた。

私にこの根性は備わっていないので お豆腐とお野菜を食べることにして来月の人間ドックでは今年も無罪放免となることを祈るしかないなぁ(笑)

2017.12.20 UP

「佳いお年を」編

Sophie' NEWS LETTER早いもので今年も総括の季節到来。 

今年も雪かきにおびえながら起床する日々到来だ(笑)
夜明け前からせっせと除雪 こんな量の雪かき 何歳までできるんだろう??

と思いながらクリニックの除雪を終えて実家の除雪に向かった11月末ドカ雪初日。

実家の庭にはわりとりっぱなブルーベリーの木があるのよ。

オヤジ 素人仕事でこいつの雪囲いをしたわけで・・・もちろんこの暴風雪でとんでもないことになってるよね・・・雪がたんまり積もった庭に脚立を立てててっぺんまで登り この雪囲いの除去(笑)なんの罰ゲームだよ!!

ってな感じで迎えた今年の終わりの始まり。

先日 意を決してとうとう 院長室のPCを新調したわよ。 

化石のようなWindows Vista からいきなりWindows10に昇格 

いやもう快適すぎてついていけない(笑)道具は時代に追いついたが私が追いつけない現実。年末年始は新しい相棒と格闘しながら私自身もアップデートしなきゃならん(笑)

平和だった今年。すべてのことに感謝してながら年越しのお酒が飲めるように 最後まで頑張ろうっと!

みなさまも佳いお年をお迎えください。

2017.11.20 UP

「友 遠方より来る」編

Sophie' NEWS LETTER卒業以来 31年ぶりの再会
矯正学会で来札した大学の同級生と再会した10月末

彼女とは父親同士も大学の同級生でとても仲良しだったという不思議な縁 
加えてお互いの長女も同じ年齢という縁(さすがに娘同志は同級生にはならなかったが)
卒業後 進んだ道も違うし 住んでるところなんか北海道と静岡県という距離
会うこともなくそれぞれの31年を過ごし この年齢で再会

札幌行くよ~楽しみにしてるね~と指折り数えた当日
ホテルまで迎えに行って涙の再会となるはずが驚愕の再会!
なんも変わってない ほんと1mmも変わっていない彼女 
同じ年齢なのに彼女だけ時間が止まったように老いてない(笑)

え?○○ちゃん?え?って感じ 

SNSで見る彼女は相変わらず美しく抜群のスタイルも維持しなにも変わっていないと思っていたが実際 何も変わっていなかった ずるいわぁ~(笑) 

「変わらないね~」とハグで再会を歓び きゃぃきゃぃ言いながら北海道の海鮮をほおばり あーだこーだおしゃべりは尽きない 
31年のブランク?なにそれ?ってな勢い(笑)

翌日に障るお年頃となった私たちはさすがに夜通し飲むことはできず いつかきっとまた会おうと笑顔でお別れ
やっぱ 美魔女って実在するんだ!を実感した夜 帰宅した私 まっさきに鏡に向かったよね(笑)

「明日から改心してちゃんと手入れするわ~」と鏡の向こうにいる自分に誓った夜でもあった

2017.10.20 UP

「途方に暮れる」編

Sophie' NEWS LETTERいつの時代にも繰り返される「最近の若い子は・・・」

私は1961年生まれ もはや死語となってる「新人類」世代 
投げ合う火炎瓶や石が宙を舞い 角棒で殴り合う学生運動を見て育ち 連合赤軍や革マル派のニュースを耳にしながら結局 世の中は変えられんのだということを思い知りシラケてしまった「新人類」

最近「ゆとり世代」の学生をどう指導したらいいんだろう?という命題にぶちあたり(たまには真面目になるんだよ 私も) あちこち彷徨っていたところ「ゆとり」も「新人類」もそう変わらんのよねという興味深い記事をみつけた。
読み進むうちに「ははっ~ん」ってなって「そうだよね~」って(笑)
要するに大差ないのよね 「ゆとり世代」もかつての「新人類」も
上の世代に理解できない思考や行動が目立つ私らは「新人類」って分類され 
その「新人類」が手におえない思考や行動の若者を「ゆとり世代」と括ってるだけだってさ ふ~ん・・・
上の世代が下の世代に対して「最近の若者は・・・」とか「近頃のわかいもんは・・・」とか言っちゃってるの 世の常だよね。

山本五十六はそんなことを言っちゃいかん!と言っていたらしいが、姑はいつの時代も嫁に「今の若い人は・・・」って言うし 上司は「最近の若い社員は・・・」「俺の若いころは・・・」っていつも言う うぜぇよ(笑)
いつの時代も おっさんおばちゃんは若者の新しい価値観にケチをつけ、若者はそんな中年年寄りをウザがり 世代間に溝ができる。
特に理由なんかないんだろうな~人間なんてそんなもんなんだな~
までは理解できるし 共感もできるよ。

でも「ゆとり世代」の学生たちを目の前にして途方に暮れることが多くなった
ここ数年・・・・若者の激しい変化についていけてない(笑)

ゆとり世代のみなさん
ゆとり教育を受けたのは自分たちの意思でも選択でもないことはわかってるよ
でもね わかって欲しいの あなたたちを引き受ける私たちに「ゆとり」はこれっぽっちも無いことを(切実)

2017.09.20 UP

「夜間救急当番」編

Sophie' NEWS LETTER数年に1度 順番が回ってくるこの夜間救急当番。

開始が19時 終了が23時の4時間 濃い~4時間(笑)

ギリギリまで自分の仕事して ダッシュで行って仕事して帰ってちょっと寝て翌日また通常診療。若いころは平気だったけどね もうつらいわ(笑)

あくまでも救急なので診るのは一見さんばっかり これは昔も今も同じ。

時代が変わったし「人」も変わった。けっこうびっくりすることにも遭遇するしびっくりするような人にも遭遇する。

昨今 救急車の使い方が話題になるよね タクシー代わりに使うなとか軽症で呼ぶなとか。

救急外来のネタもあるよね。紙で指切ったくらいで救急外来とか 昼間に病院行けなかったから夜間救急とか。救急外来に「セカンドオピニヨン」を求めてやってくるとか。

そう ここは「救急」なの 

「急病・けが・事故などの急場の難儀を救うこと」って辞書に書いてあるよね。

夜間救急歯科診療も同じこと。急場をしのぐことしかしてあげられないの・・・「とりあえずこれで今夜しのいで明日 かかりつけの歯医者に行ってね」ってことくらいしかできないのよ。

それを言うと「あん?」なる(笑)かかりつけ歯科のない人が多いね。

かかりつけの医者をもつように かかりつけの歯科医ももったほうがいいよ ほんと。

救急でできることは限られてるから 後でちゃんと治療しないとさ・・・ね。

19時に開幕した救急劇場 23時30分ころにはこっちが息も絶え絶え。

帰り道 お腹空いたなと思いながらラーメン屋を横目に でも 食べる気力がなく運転に集中。帰宅したら「今日は救急当番で遅いからね」って言って聞かせたはずのネコが「遅い!」って甘えん坊モード全開(笑)しばらくこいつに癒されて眠った。

毎朝 午前3時前には起床ラッパの如く騒ぎ出すネコ。今朝の起床は4時 こいつは待ち疲れてたんだろうね。かわいいヤツ(笑)

2017.08.20 UP

「謎なネコ」編

Sophie' NEWS LETTER我が家にネコがやってきて2年ちょっと経過
もちろんすくすくぬくぬく育っておりまして元気に大きくなりましたのよ。

諸説あるけど人間でいえば23歳くらいよね。
いつの間にか次女よりオトナになってる(笑)

さてこいつ ただの三毛猫でしていたってふつうのネコ。

やることなすことわりと一般的なんだが 超絶早起きで 太陽より早起きで 野生の鳥より早起きで なぜか「ネコは水が嫌い」の一般論を無視し 水遊び大好きなやつ(謎)

YouTubeなんか観るとご主人とのんびり風呂に入ってるネコいるけど うちのはひたすら水遊び。

お風呂場に突進し 私を待っている。

「遊ぶの?」って訊くと絶妙のタイミングでにゃぁと返事が返ってくる(笑)

自ら湯船に入りどんどん溜まっていく水の中に座っておもちゃで黙々と遊んでる。(だからってお風呂用のあひるのおもちゃを買う私もどうよ?なんだがな)

私がシャワーを浴びているときも全身がべちゃべちゃになっても平気みたいで
飽きることなくけっこう長い時間 遊んでるわ。

謎なこのネコ まぁ好きでやってるんだからいいかって思うけど・・・

あのさぁ あんたに言ってもしょうがないんだけどさぁ

水遊びさせてる私が悪いんだけどさぁ

そのべっちゃべちゃの身体で家中走り回るのだけは やめてくれないかね?

「俊敏」が毛皮着てるようなやつで 捕まえてタオルでゴシりたくても逃げ足速いのなんの(泣)

ずぶ濡れのネコの代わりに毎回 這いつくばって床を拭く私 拭き忘れたところを踏むと靴下がぬれるというおまけもついてくるが ネコはそんな私を労わることもなく 今度は全身のお手入れ。きれいになって満足したようにスヤスヤ眠り始める

ネコがいるってとても幸せであ~る♡ って思うしょ?

これやってるのも 早朝だからね!!

2017.07.20 UP

「やっと夏」編

やっと暑くなってきSophie' NEWS LETTERたね~夏だぁ~

日曜日恒例のロングドライブ 

両親はすっかり「日曜日は遠くに行ける♪」モードとなり(笑)私はまぁそこそこ気を遣いながらあちこちに連れて行き 実家の庭仕事をして日曜日が終わるという謎なサイクルが出来上がってる

きれいなバラが咲いているということで1時間くらい走って到着した公園

きれいに整備されてるしもちろんバラもきれい 足腰が怪しくなってる2人でもゆっくり散策できるすばらしい公園よここ

バラのお手入れをしていた職員さんにいろいろコツや知恵を教わり・・・

もちろん帰ったら庭のバラの手入れだよね

「あーだ」「こーだ」指令を出す父親 庭をにんまりと眺める母親
汗だくになって這いつくばって土だらけ草だらけになってる私

やれやれって立ちあがれば 私より背の高いバラの強力な棘に背中や腕をがっつりやられる

バラに陽が当たらないから桜の樹を剪定しろってお父さん!私はド素人よ(笑)

脚立に乗って 塀に乗り移って さらに樹に登って 父親の指令通りに桜の樹の剪定をする私 わりとおっかないんだよ樹の上って!どこまで登らせるんじゃい!!と泣き言言いながらも変に楽しくなっちゃってバチバチ切ってたら桜の樹がスポーツ刈りになっちまったわい(笑)

「来週はあっちのライラックの樹 頼むな~」

頼む相手間違ってないか? 

琉球朝顔やらハイビスカスやら だいぶいろいろ間違って咲いている実家の庭
まぁ両親がきれいに咲いているお花をみて嬉しいんならそれでいいけどさ

私はあちこち細かい怪我するし いいだけ虫にさされるし
かゆみ止めと絆創膏が手放せない月曜日

Next >