Sophie' NEWS LETTER

HOME > Sophie' NEWS LETTER > 「助走」編

2010.02.19 UP

「助走」編

Sophie' NEWS LETTERどうした?!
長女が勉強を始めた。たまたまだよね~と眺めていたが、遅ればせながら着火した模様。スタート切ったらこの子は早い。難燃性なので着火までの時間はかかったが。
子どもが勉強している姿はヨソのお家では当たり前の光景なんでしょうが、我が家にはなかった。

私は「勉強しなさい」って今まで言ったことがない。だって、「しなさい」って言われたらむかついたじゃない、あの頃^^;
テストの点数を誉めることはあっても叱ったことはない。叱られなくたって自分でわかってるでしょ(たぶん)

自分も昔は子どもだったこと、思春期、反抗期を通過したことを忘れちゃいかん!といつも自分に言い聞かせているので言いたいことは山盛り、特盛りあるのだが、必要最小限にしている。だからたまのヤキは家の窓枠がビリビリいうほど激しい。
連日のヤキがようやっと効き始めたらしく、次女はなんとか人間界に戻ってきた。もちろんテストは毎回撃沈しているが私としてはちゃんと生活するほうが大事!!サボるってことは自分の周りに火薬をぶちまいているようなもの。そのうち着火するだろ(のんきだな、私)

さて、ある夜、次女が珍しく饒舌に勉強の話を自分から始めた。
「私も高校生になったらお姉ちゃんみたいにお尻に火がつくんだろうなぁ」とさ。「あんたは人の何倍もやらないと追いつけないよ~、散々助走したんだからそろそろスタート切ったら?」の私に涼しい顔して「私はまだ靴紐結んでる最中よん」と切り返された。こいつ頭良いんだかバカなんだか・・・

旨そうにみかんをほおばりながらストーブにしがみついてるこの子の臨界点はどこなんだろう?と苦笑いしながら、やっぱしDNAには逆らえないわと諦め半分、期待半分。
元気だし、健康になったし、毎日充実しているみたいだし。ま、いいか。今は。

・・・って本当にいいのかい?!

| 最新のSophie' NEWS LETTER  |