Sophie' NEWS LETTER

HOME > Sophie' NEWS LETTER > 「先へ、輝くほうへ」編

2010.10.20 UP

「先へ、輝くほうへ」編

Sophie' NEWS LETTER無敵女子高生の長女。とうとう最終学年となりもちろん受験生。無敵っぷりは今なお健在でスポーツも遊びもおろそかにしない(←大丈夫か?)

そのまんま上がりゃ黙っていても「ジョシダイセイ」になれる環境にいるが、ジョシダイセイになるのが人生の目的ではない長女は自身の決めた目標の何歩目になるかもう忘れたが確実に外の世界に向けて歩いている。
夫と私は「共通一次試験」が始まったばっかり世代(古)なので推薦入学VS一般入試しか知らない。もちろん今の受験のカラクリはまったく理解できない。
江戸VS明治くらい生まれ育った時代世相が違う私たち親子のギャップ。
勉強を教えるなんてことはとっくの昔にギブアップしたから私たちの仕事は専ら見守る、話し相手になる、夢の輪郭を見せることとなる。

第2次文明開化ってのが平成だろうね。
医・科学技術はまさに矢のようなスピードで進歩を続けている。
いつでも地球上の誰かと繋がっていて国境も時差すらも感じない。
眺めるだけの星空に足が着き、そこから40年くらいで宇宙に手が届いた。ダークマターを発見するのも時間の問題かもよ。ヒトゲノムが解読されて生命の謎が解け始めている。臓器移植や再生医療が可能になり死生観が大きく変わった。人類の夢は平成になって目標になった。

一方、もうやぁだぁ~って国政を投げ出す坊やにデキもしないことを僕デキるもん!って言っちゃうお坊ちゃま。お上のやることは無条件で正しかった時代はとっくに過ぎ去り、お上のやることだからダメなんじゃん!って時代に突入。
怠慢な官僚に無能な役人、無能なくせに生意気な木っ端役人(←これは昔から同じだ)禿げた頭頂部を恥ずかし気も無くカメラの前に晒すオヤジら。
相変わらず殺しあう人間に餓えた子どもたち(←これも人間の伝統か??)
めっちゃくちゃな最近。今のワカモノに明るい未来があるかどうか甚だ怪しいもんだが・・・いつの時代もカオスの中で自分の道を探すのは容易ではない。それでもアイデンティティーを持って生きていけ。自分で選んでやっていることは苦労ではないと信じて輝くほうへ行きなさい。

あと100日くらいでセンター試験ね。もちろん頑張っているとは思うけど、改めてみんな頑張れ!!
そこを越えて先へ。もっと先へ。夢のシッポはすぐそこにあるでしょう。
夢はそのシッポを掴んだ瞬間に目標に変わる。掴んだその手を離すな!

あたし本当に受験終わってて良かった。

無理!あんな勉強ずぇ~ったい無理。
今のコってすごいですよ。

| 最新のSophie' NEWS LETTER  |