Sophie' NEWS LETTER

HOME > Sophie' NEWS LETTER > 「イマドキの子」編

2011.04.20 UP

「イマドキの子」編

Sophie' NEWS LETTERちょっとびっくり。
イマドキの子ってほら、人間関係が希薄だのトモダチ作らないだの携帯にしがみついてコミュニケーションがとれないだの言われているでしょ。
そうかぁ?と思うちょっとした出来事。

先日、いつものように携帯で遊んでいる娘が大学に同期入学する子とメールしてるんだぁ~と。母校から共に合格した子かと思いきや、ぜ~んぜん知らない子。住んでいる地域までまったく違う。
「???」な私に電脳空間にはいろんなコミュニティがあって○○大学○○学部△△期生って集りがあるとの説明。
で、まだ入学式も終わってないのにこういうコミュニティでそれぞれ自己紹介したりちょいちょい情報交換もしているらしい。

あたしらなんかさ~大学に1人でどぼん!って飛び込んでたまたま隣に座った子と「出身どこ?」から始まり「部活は何?」「お昼一緒に食べない?」って感じで友人を作っていったもんじゃない?
イマドキの子って合理的ね~感心したわ。
方法や手段が違うだけで彼らは彼らのやり方でコミュニケーションをとろうとしている。便利なツールがあるから利用しているだけで決して他人との関わりを拒絶しているわけじゃない。イロイロ変わって私がついていけていないだけだわ。

電脳空間は危険なところってもしかして写真撮ったら魂抜かれるくらい古い考えなのかも?子どもの頃、コンピューターって宇宙船とかなんかの基地とか映画でしか見たことなかった。それが今や各自1台どころか私でさえ複数台使用している。
もちろん顔が見えない分、危険もあるだろうけれど、上手に利用し、楽しんでくれればいいと思う。旧式の感覚なので私はそれでもちょっと怖い気もするけれど・・・

思考回路までハイテクか?と思えるイマドキの子どもたち。
機会や手段は機械でもいいけど青春は生身で楽しんで欲しいな。泣いて笑って、ケンカして仲直りして協力し合って字面だけじゃ伝わらない感覚を鍛えておけよ~

なんだかんだ言っても人間はどんなハイテクよりも複雑にして魅力的なのだよ。

| 最新のSophie' NEWS LETTER  |