Sophie' NEWS LETTER

HOME > Sophie' NEWS LETTER > 「天を仰ぐ」編

2012.02.20 UP

「天を仰ぐ」編

Sophie' NEWS LETTER疾風の如く過ぎ去った1月。
寒さが猛烈に厳しい今冬、ぐったり疲れているうえに寒いからかっちんこっちんな気分で毎日の診療を終えて帰る下り坂。
もちろん足元には十二分に気をつけて・・・
・・・が・・・10年ぶりに転びましたね~天を仰いでしまったわ。あっと思った時にはすでに両足が空を切り私は氷と一体化していた。いろんな星が飛んだ“”“☆“”“
痛いのなんのって。尾骨打って暫く動けず(みっともないわぁ)後頭部カチ割らなくて良かった。年末から腰痛に悩まされて、履きなれたスニーカーに戻したのがあだになったらし。スニーカーで凍った坂道歩くなっちゅうの!!

年明けから多忙に加えてトラブル同時多発ですでにややお疲れ気味な私。院長室のPCまたまた脳死か!?に続き、クリニックのPCも突如システムダウン!他ちょいちょい。昨日はなんと夕食を作り忘れて出勤!(作ったと思い込んでいた・・・)次女からのメール「お母さん・・・今夜のご飯ないの?」(どっひゃ!な私を想像して)
幸いどれもこれも大事に至らず、私が転ぶくらいで済んでいるが萎えそうになった(珍)

先日、朝っぱらからフル稼働のクリニックに電話。ここはお客様センターか?ってくらい電話がなるので誰も気に留めない。
衛生士、いつものように対応しているが・・・いつもと様子が違う。顛末はこうだ。
患者さんではなく衛生士の子どもが通う小学校の担任から。
「○○ちゃんが泣いてるんですけれど、私どうしたらいいでしょう?」って・・・・担任。
どっか痛いとか具合悪くて泣いているんじゃなくて、出際に母親にビシッと言われたことについてあとでお母さんに叱られるかもしれないと泣いているとさ。
これっていちいち職場に電話するようなこと・・・・?ウチの衛生士は優しいからちゃんと応対してたけど、私なら取り合わないなぁ~病気じゃないなら放置●~*

わけのわからん○ンス○ーがちまたで増殖傾向にあるからこういう対応を余儀なくされているんだろうか?このイキモノ、かまうと面倒だしかまわないとさらに面倒だし。どっちにころんでも遭遇したら面倒だ。

なんだかおかしな時代になってきたなと別な意味で天を仰ぎたくなった私。

| 最新のSophie' NEWS LETTER  |