Sophie' NEWS LETTER

HOME > Sophie' NEWS LETTER > 「終わってない?」編

2013.03.19 UP

「終わってない?」編

Sophie' NEWS LETTER学校からの電話なんてもう慣れっこよ。次女は中1から呼び出し女王だったからね。
診療が終わるころを見計らって「お母様。。。あのですね」から始まる呼び出し電話。
スカート丈が短けぇーだの学校指定じゃないカ-ディガン着てるだのジャ○ーズの切り抜き持ってるだのケータイ持ってるだのどっかにプリクラ貼ってるだの。。。もう覚えてないや(爆)

先月、無事に卒業証書が次女に手渡されたのをしかとこの目で確認したっ!老眼だから遠くは良く見えるんだよね、おまけに生徒少ないから遠くもないし(爆)
やれやれ終わった。。。って書いたよね?!
ところがだよ。
やれやれ感に満ち溢れたクリニックの終業時刻直前に電話が鳴るのよね。
DHが「お世話になっております」って言うとたいてい私あての電話だ。
かわいそうなDHは「院長せんせ。。。高校からお電話です。。。」って半泣き。
ぎぇぇぇええー―――!!まだなんかあんのかよっ?
髪染めたの見つかった?卒業しましたけど。。エクステつけたの見つかった?卒業しましたけど。。耳に穴開けたの見られた?卒業しましたけど。。卒業取り消しかっ??
ミミズくらい低姿勢で電話を代わるわけだ。

聞けば学校祭の経費の精算をしたかどうか担当の先生がわかんなくなっちゃったと。
「私はちゃんとお嬢様にお支払したでしょうか?」って。。。。630円。。。。
私ね、娘の帰りをふりふりレースのエプロンつけて待ってる「お母様」じゃないのよね。知らないよ!そんなの次女に直接訊けや!!「承りました。娘にお電話させます。ごきげんよう」と電話を切って腰が砕けた。ったくもう!

で、数日後。またくるんだよ、高校からの電話が!戦場のような診療中に!!
「わたくし、お嬢様に△△を教えていました□□と申します」から始まるたいへんゆったりとしたお上品なお電話。そりゃそうだ。泣く子も黙るお嬢様学校ですもの。
本題に入るまでけっこうかかるんだ(爆)だーかーらー要件なに?!と内臓で叫びながらも「娘が大変お世話になりました」的な会話が続く。で、結局は次女が大変頑張ってたと、最後に娘からもらったお礼状に大変感動したと、つきましては娘とぜひ話がしたいと。はいはい。ここは病院ね。戦場ね。私の職場ね。緊急連絡先ね。丁重に「次女から連絡させます。ごきげんよう」と切りたいところに「お母様、○○さんは大変立派な生徒でした。わたくしはこんなりっぱな生徒さんを受け持つことができて大変幸せで。。。。」と続くのよね。

あのさ。。。なんでそれを最後にでもいいから在学中に言ってあげなかったの???
くっそみその問題児だったんじゃないの??そりゃ中高一貫でちょいちょい中だるみしたし反抗期だって高校受験がないからって調子こいて精いっぱいやったけどさ、次女はココロ入れ替えてからほんとに頑張ってたんだぜ。頑張ってるのわかってたんなら在学中に本人に直接言ってやればよかったじゃんかよ。卒業してから校長のいないご自宅から電話か?!成績なんかテストが良ければ良いに決まってるさ。
そーいうことじゃないんだよ、子どもが望んでるのは。
「最後」が終わってからでも認めてくれる先生がいて良かったってことか?
なんかありがと(笑)

| 最新のSophie' NEWS LETTER  |