Sophie' NEWS LETTER

HOME > Sophie' NEWS LETTER > 「真夏の交差点」編

2013.10.20 UP

「真夏の交差点」編

Sophie' NEWS LETTER窓口の1000円札がなくなってスタッフの1人を道連れに銀行に行ったの。
もうね。頼むから「130円」を1万円札でお支払いただくのやめてもらえないかしら??ここ両替に行くにも車出さなきゃならんほど不便なところなんだよね(笑)

で、1000円札と小銭じゃらじゃら両替してクリニックに帰還。
あと数メートルでクリニックの駐車場ってとこの前方交差点(事故銀座なのよ)でトラックVS乗用車の大事故!もちろん乗用車は大破ね。もはや車種もわからないくらい。
これりゃヤバイってんで行ってみれば運転席におばあさんがぐったりしてるっていうどっひゃ!な光景。

近くの工事現場のお兄ちゃんが無理やり車のドアを開けてくれたんだけどフロントガラスはクモの巣が張ったように真っ白だしおばあさん流血だしエアバック2個とも全開だしエアコンのとこから煙出てるし。。。車の下からなにやら液体がどくどく。。。
私は車に詳しくない。煙って大丈夫なの??液体ってなに??と思いながらおばあさんを運転席から引きずり出すわけ。
後ろでやじうまオヤジが「動かさないほうがいいべや」って。
黙れや!!口動かすんなら手ぇ貸せや!!

おばあさん意識あるしとにかく車の外へ。長女の実習が役にたった瞬間。
車いすから人を移動させる実習の実験台になったことがここで役に立つって(笑)
車のドアを無理やり開けてくれたお兄ちゃんは交通整理。交差点を見事に通行止めにしてくれたのでおばあさんは無事に安全なところまで移動完了。
バイタル確認したり怪我の個所や程度を確認してとりあえず止血してるところに天使降臨。お若いお嬢さん。なんだかテキパキしてるんだ。

「お名前言えますか?」から始まってバイタル再チェック。骨折や打撲箇所の確認とか血圧計の使い方もプロい。時々意識の遠くなるおばあさんにも驚かない。
「こっちやりますのでそっちお願いします」と私。
「はい」とお嬢さん。
バイタルも同じ数値だしジャパンコーマスケールも「清明」ときたもんだ。
専門用語が飛び交うなか見ず知らず同志で初期処置がサクサクと進む。

警察が来て消防車が来て最後に救急車登場(最後って。。。)申し送りも超スピーディ。おばあさん無事に救急車に乗ったところでお互いに「お疲れさまでした」と。
聞けば夜勤明けで帰宅途中の看護師さん。どーりで(^^)
やっぱし看護師さんってすごいわぁ~

工事現場のお兄ちゃんたち、通りすがりの歯科医師と歯科衛生士にこれまた通りすがりの夜勤明けの看護師。急きょクリニックのお留守番を任されちゃった実習生×2(笑)みんなそれぞれできることをした。返り血浴びた白衣を着替えながらおばあさんが早く良くなりますようにって思ったよ。

ほんと事故は怖い。これから秋になって日が短くなって気が急く。
気を付けなきゃいけませんね。

行けるかな?行けると思うよER。。。ってダメでしょっ!

| 最新のSophie' NEWS LETTER  |