Sophie' NEWS LETTER

HOME > Sophie' NEWS LETTER > 「再会」編

2016.05.20 UP

「再会」編

160501友人がひょんなことから油粘土でかつて飼っていた愛犬を作ったとな。
これがとっても上手にできたってんでどうやって保存したらいいだろう的な展開に。
油粘土は保存できないしなぁ~でも上手にできたし壊すのもったいないなぁ~んて会話を聞いちゃスルーできないわな。

「どれ 持っておいで 石膏像に置換してみようよ」と言ったは良いがこの粘土細工がデカい!重い!どんだけの石膏と時間が必要なんだ???
1次埋没から分離剤塗って2次埋没ってまるで歯科技工のような工程が続く(笑)
完全硬化を待って さて 掘り出しますか~ってかるく始めたけど意外とこれが大変なわけで根気よくノミと金槌でトンカントンカン。私は彫り物師か?
本体が掘り出された瞬間 彼女は愛犬の名を呼び喜んでくれた。
ざっくり掘り出してからいよいよ細部へ。

石膏に置換するつもりで作った粘土細工ではないので超細かい(泣)頼むから次はもっと単純なポーズにしてくれ。
あちこちもげちゃったけど写真見ながら丁寧に修復。たいして器用ではないのだが彼女からみたら私は器用に見えるらしい。わんちゃんの耳やら舌やら超絶細かいところをせっせと復元。こうなると私は考古学者か?ってくらいの復元力。
硬い石膏なのに柔らかい犬の質感が出て私も達成感(笑)
後日Fasebookにアップされた写真とコメントに「愛犬と再会できた」ってあってさ~なんかとっても嬉しかったわん

| 最新のSophie' NEWS LETTER  |