HOME > よくあるQ&A > 小児歯科編 > 乳歯の虫歯は治療しなきゃだめ?
  1. 乳歯の虫歯は治療しなきゃだめ?

    「虫歯」は放っておいて治るものではないので原則的には治療が必要でしょう。
    ただし、ごく初期の虫歯は経過観察にすることもあります。
    また、治療がどうしてもできない子どもは一時的に進行を遅らせて、できるようになってから改めて治療という流れも考えられます。
    乳歯なんかどうせ抜けるから治療しなくても良い!という考えの保護者もまだおられます。確かに「どうせ抜ける歯」ですが、一度も痛くならないで生え変わるのはかなり幸運でしょう。痛くなってからの治療は子どもにとって(オトナでも)大きなストレスになってしまいますね。