HOME > よくあるQ&A > 成人歯科編 > インプラントって何ですか?
  1. インプラントって何ですか?

    最近あちこちで見聞きするようになりましたが歴史は古いのですよ。

    失ってしまった歯の場所に人工物を埋め込み、その上にまた歯を作ろうというテクニックです。
    この、かつて歯があったところの骨に埋め込む人工物を「人工歯根」といいます。で、これを英語にしたのが「インプラント」です。
    生体親和性のある「チタン」という金属でできています。かつてはいろいろな形態があしましたが今では尖端の平らな太めのネジを想像していただいていいでしょう。

    骨にインプラントを埋め込み、これを歯の根とみなし、この上に歯を構築していきます。1本でも複数本でもできますし、自分の歯のように使うことが可能です。

    ただし、「歯を失ったら誰でもできる」わけではなく埋入部位の骨が健全で埋入条件を満たしていることやかみ合わせに不利な条件がないなど制約はあります。
    私はできるのかなぁ?とお考えの方は歯科医師にご相談されるとよいでしょう。

    ちなみに健康保険の適応ではないのでご承知おきください。